【発起人】UQ WiMAX 118【音沙汰なし】

【発起人】UQ WiMAX 118【音沙汰なし】

1 :へっぽこ立て子@エリオット ★:2018/09/03(月) 13:47:01.38 ID:CAP_USER.net
 UQコミュニケーションズは9月3日、周波数の有効利用を目的に、2009年2月から提供してきた通信サービス「WiMAX」を、2020年3月31日をもって終了することを発表した。これに先立ち、2018年9月30日をもって、WiMAXサービスの新規受付を終了する。

 同社では、50MHzの周波数帯のうち40MHzを「WiMAX 2+」に、10MHzをWiMAXに使用してきた。今後はこの10MHzをWiMAX 2+に切り替え、50MHzすべてをより高速なWiMAX 2+に充てるという。これにより、WiMAX機器や一部のWiMAX 2+機器に搭載しているWiMAXサービスは利用できなくなる。


 そのため、現在WiMAX機器を利用するユーザーには、WiMAX 2+機器と同サービスへの変更手続きを案内する。該当するユーザーが無料でWiMAX 2+に変更できるキャンペーン「おトクに機種変更」を10月1日から開始するという。専用サイトから申し込むことで、交換端末が自宅まで宅配便で届く。
WiMAX 2+への機種変更について|【公式】UQ WiMAX オンラインショップ|UQコミュニケーションズ
https://www.uqwimax.jp/shop/switch_category/

 対象となるプランは「UQ Flat年間パスポート」「UQ Flat年間パスポートハート割」「UQ Flat」「UQ Step」「UQ 1Day」。対象となるデータ通信カードやモバイルルータは、WiMAX 2+に対応した「Speed Wi-Fi NEXT W05」「Speed Wi-Fi NEXT WX04」「Speed Wi-Fi HOME L01s」へと交換できる。


サービス終了の対象となる「WiMAX」端末

そのほか終了対象となる端末の一部
 おトクに機種変更では、たとえば「UQ Flatツープラスギガ放題 3年プラン」に申し込んだ場合、通常月額4380円のところ月額3696円で3年間利用できるほか、WiMAX契約解除料と登録料、そして端末代が0円になるという。また、3年プラン、4年プランを契約するユーザーは、通常1005円のLTEオプションも無料となる。

 ただし、一部のWiMAX「ノーリミット」対応のWiMAX 2+デバイスや、WiMAX搭載 WiMAX 2+デバイスは、おトクに機種変更の対象外。これらの端末のユーザーには、最新のWiMAX 2+への機種変更サービスを別途用意するという。

2018年09月03日 11時00分
CNET Japan
https://japan.cnet.com/article/35124913/

0件をまとめました。
最新情報はこちら



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク